■いまどきのブランド戦略

テンデンスといえば女の子なら誰でも知っている腕時計のファッションブランド。

いまやアメリカ、ヨーロッパ、フランスなど、世界各国にその名が知られています。

テンデンスというブランドがなぜこんなに有名になったのかといえば、「芸能人が身につけるようになったからでしょ」という人もいますが、それは少しアバウトな捉え方です。

いまどきは「芸能人が!」などと言っても誰も珍しがったり、憧れの的にしてくれたりはしないので、ブランド戦略としては失敗です。

そうなんです。

テンデンスを一躍有名にしたのは、ファッションモデルのあいだで、ファッションの一部としてテンデンスを腕にハメだしたのが出発点。

テンデンスのブランドイメージにピッタリで、しかもファション領域のリーダーたちが手にしてくれるのですから、テンデンスというブランドには、どう転んでも変なイメージはつかないし、しかも着こなしも超一流のプロたちだから、テンデンスもバッチリ映えるというワケです。

お名前を出してしまって恐縮ですが、いまや男子ばかりか女子にも大人気の道端アンジェリカさんなどもテンデンスの愛用者。

すると「あらソレ素敵ね!」とモデル仲間のあいだでテンデンスが広まり、ゲスト出演なんかでテレビやインターネット番組に出れば、芸能人にも人気が出てしまうというルーツプランです。

実に巧妙なブランド戦略~。(サイト:Tendence Japan

芸能人なら誰でもいいですから、などという行き当たりバッタリの広報・戦略ではなく、テンデンスには、「ブランド価値を高めるにはファッションモデルを先頭にしなくちゃ」というシタタカナなブランド戦略があったのです。